体重増加を抑える妊娠線予防

赤ちゃんの成長などにより母親の体型は変わり、皮下脂肪が急激に肥大することで皮膚が引っ張られてしまい、これ以上伸びることができない状態になると皮下組織が裂けてしまいます。
これが妊娠線ですが、赤ちゃんの成長だけではなく、自分自身の体重増加によっても引き起こされるリスクが増大します。
つわりが落ち着き始めるとこれまで食べ物を受け付けなかったのがウソのように食欲が増してくることがありますが、妊娠線予防をしたい人は誘惑に負けてはいけません。
ただ、食べてはいけないということではありませんので、誤解のないようにしてください。
妊娠線の原因になるのは急激な体重増加ですので、太らないように注意しながら食べることは一向に構いません。
食事量が摂り過ぎにならないようにしながら、栄養バランスの取れた食事を規則正しく摂っていくのが妊娠線予防に効果的です。
体重は病院の定期健診でも測定することになりますので、増加の兆しがあったら食事の見直しをするとよいでしょう。
なお、全く体重増加をしないというのはまず避けられません。
妊娠前の体重と比較してプラス8~10kg程度が許容範囲とされていますので、妊娠線予防における目安の体重と思っておくとよいでしょう。
また、食事量をコントロールしているためにどうしても栄養バランスが上手くとりにくいという場合には、サプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。
不足しがちな栄養素を補給するサポート役として活用することが可能です。