つらいかゆみのケア方法は?

妊娠をしてお腹が大きくなってくると、皮膚が引っ張られるようになります。
これによってかゆみの症状が引き起こされますが、まず避けられません。

しかも、我慢することができずにかきむしってしまった場合、妊娠線の原因になりかねません。
起きているときは妊娠線予防ができていても、就寝中、知らずにかいていたせいで妊娠線ができてしまったという人も少なくありません。
このかゆみのケアについてですが、まずかいてはいけません。
仮にかいたとしても楽になるどころか、よけいにかゆみが増幅することになってしまうからです。
また、冷やしてマヒさせようとする人がいますが、これも結果的にはかゆみの症状を強くすることになるためやってはいけません。
NG行為を把握した上で、まずできることとしては病院で相談することです。
薬を処方してもらい使用したことで、楽になったという人は少なくありません。
また、自己判断でかゆみに効く塗り薬を購入する人がいますが、これはよくないでしょう。
妊娠中は体質が変わっており、ホルモンバランスが崩れやすくなっています。
そのため、妊娠前は使っても問題がなかった塗り薬で、アレルギー反応を起こしてしまうこともあり得るのです。
したがって、市販の薬を使って対策する場合には、医師に確認して許可をもらってから使用するようにしましょう。
また、かゆみの症状には妊娠中に起こる病気が隠れていることもありますので、症状がある場合は医師に話しましょう。