マタニティフィットネスで妊娠線予防

妊娠中に体重が急激に増量すると、お腹の皮膚が強く引っ張られてしまい、妊娠線の原因になります。
これを防止するためには食事の管理が効果的ですが、ほかにも運動を挙げることができます。

ただ、妊娠線予防として運動をおこなう場合には、いくつかの決まりごとがあります。
一つは適度な運動をすることであり、ハードな運動は母体に悪影響になるだけでなく、胎児を危険にさらすことにもなりかねませんので駄目です。
また、安定期を迎えるまでは運動をしてはいけませんので、はじめるタイミングには十分に注意し、医師の判断を仰ぐことも大切です。
適度な運動といってもいろいろありますが、身重な妊婦向けの方法がいまはいろいろと開発されています。
代表的なものであり、多くの妊婦がおこなっている運動がマタニティフィットネスです。
これはマタニティビクス、マタニティヨガ、マタニティストレッチ、マタニティスイミングといったものの総称であり、妊娠中の急激な体重増加の防止などに役立ちます。
たとえば妊婦向けにエアロビクスがアレンジされたマタニティビクスでは、体重増加防止のほか体力アップ、便秘、肩こり、腰の痛みなど妊娠中に起こりやすいトラブルに対応しやすい体作りを目指すことが可能です。
マタニティストレッチは血行を促進し、前述したようなトラブル防止や改善に繋がります。
マタニティヨガも同様に妊娠中に起こる症状によく、心身のバランスを整えるのに役立つでしょう。
そしてマタニティスイミングは、水中でエアロビクスをしたり、ウォーキングをしたりします。
水には浮力があるため体が軽くなるほか、陸上でやるより負荷がかかるため、運動効果もアップします。